有限会社ウェブスリー・ラボ


Random Text Generator


1. 機能

このスクリプトは、あらかじめ登録しておいたテキストの一覧からランダムに抽出したものを戻します。毎回異なる内容を表示したいときなどに使用します。
テキスト一覧にはタグも記入できますので、使い方によっては変化に富んだホームページを作れます。

2. 設定

randomディレクトリ上に random.txtファイルが設定してあります。このファイルを修正しランダムに戻したい文章を記入します。各文章間には %%をセパレータとして配置して下さい。
文章はいくつでも記入できます。テキストモードで転送して下さい。
random.txt例)

これは Random Text Generator による、ランダムに出力されるテキストです。<BR>
タグを入れることもできます。以下のようにランダム リンク ジェネレータとすることもできます。<BR>
<A HREF=http://yourdomain.com/>yourdomain</A>

%%
ランダムに出力したい文字は、いくつでも入れることが出来ます。
%%
ランダムに出力したい文字は、テキストファイルに作るだけで至極簡単です。

このスクリプトは SSI(Server Side Includes)を使います。従いまして、ランダムテキストを置きたいページはファイル拡張子を .sht .shtm あるいは.shtmlとして下さい。
このファイル上で、ランダムテキストを表示したい場所に以下のタグを記述して下さい。

<!--#exec cgi="/cgi-bin/randomtext.cgi"-->


ブラウザーのバックボタンでヘルプ・ファイルのメニューにお戻りください。