有限会社ウェブスリー・ラボ


FTP(File Transfer Protocol) (2001.02.15)

1. FTPソフトの入手

ローカルのPCで作成したHTMLドキュメントや画像ファイルを米国のサーバーに転送するためには、FTP(File Transfer Protocol) という方法で行ないます。 FTPを行なうためには、まずFTPソフトをご用意ください。Windowsであれば、CuteFtpやWinFtp、MacであればFetchが一般的です。 これらのソフトはパソコン関連の雑誌の付録CD-ROMに収録されていることが多いので、そのような雑誌を購入するのがいいでしょう。

ファイルの転送につきましては、このページに説明するFTPソフトによる方法でなくともウェブコントロールパネルにより簡単に行うことができます。
複数ファイルを一括送信する場合などには、こちらのFTPソフトの使用をお勧めします。

2. FTPソフトの設定


上は、WinFtpの設定画面です。

  1. 「Config」は接続先名を入れます。わかりやすい名称を入れればOKです。ご自分のドメイン名を入れるのがいいでしょう。
  2. 「Host」には、yourdomain.com(net、org)をお入れ下さい。またはIPアドレスを入れてもご利用可能ですが、ドメイン名をご利用になられる事をお勧めいたします。
  3. 「UserID」には、お客様のユーザー名(yourdomain.comにおける「yourdomain」部分)を入れてください。追加アカウントの場合にはそのアカウント名を入れてください。
  4. 「Passwd」には、該当のサーバーログインパスワードを入れてください。
  5. 「HostType」には画面のように「Unix」を選択してください。
  6. その他の項目は空欄でかまいませんが、必要に応じて設定してください。
  7. 「SaveCfg」ボタンを押すことにより、設定が保存されます。

他のソフトをお使いの時も、同様に設定してください。


3. ファイルの転送

  1. ファイルを転送するには、まずお客様のパソコンがインターネットに接続されていることが必要です。現在お使いのインターネット・プロバイダーを利用すること等により、インターネットに接続してください。
  2. WinFtpの場合には上の画面の右下にある「Connect」ボタンを押すことにより米国サーバーに接続します。他のソフトでも同様にして、サーバーに接続してください。
  3. ファイルの転送は、基本的にどのソフトでも同じで、ローカルのPCに置いてあるファイルを選び、転送ボタンを押すことによってファイルが転送されます。
  4. ディレクトリ毎の転送も可能です。
  5. CGIプログラム用のファイルやテキストファイルを転送する場合にはASCIIモードまたはTEXTモードで、画像ファイルを送る場合にはバイナリモードで転送してください。HTMLドキュメントはどちらでも差し支えありません。
  6. cgi実行スクリプトなどにつきましては、転送後、ファイルの許可属性(パーミッション)を適切に変更する必要があります。

4. 留意事項

  1. HTMLドキュメントや画像ファイルは /home/yourdomain/www/ のウェブディレクトリに置いてください。/home/yourdomain/ のホームディレクトリに置かないようにお願いいたします。
  2. HTMLドキュメントや画像ファイルは /home/yourdomain/www/cgi-bin/ ディレクトリには置かないで下さい。ここにこれらのファイルを置いた場合、画像が表示されない、あるいはスクリプトが思ったように機能しないということになることがあります。
  3. サーバーにFrontPageをインストールした場合、FTPを使用することは出来ません。FTPを使用すると、FrontPageファイルにダメージを与えてしまいます。ファイルの転送は、FrontPageで行って下さい。

ブラウザーのバックボタンでヘルプ・ファイルのメニューにお戻りください。